ひとり親家庭を応援します!

平成30年度 全国母子寡婦福祉研修大会(岡山県)

日時:平成30年10月27日(土)〜28日(日)
会場:岡山プラザホテル「鶴鳴の間」
全国より約890名の母子寡婦福祉団体関係者が参加してくださいました。


<第1日目>
ようこそ!晴れの国おかやまへ!
朝方まで雨でしたがさすが岡山!秋晴れとなりました☀

 

 

 

 

■開会式・・・岡山県知事、岡山市長を始めたくさんの方が来賓として来てくださいました

 

 

 

 

■表彰式・・・母子寡婦福祉事業の功績を称え、全国母子寡婦福祉団体協議会理事長より2名が表彰されました。おめでとうございます。
◇横浜市母子寡婦福祉会 理事長 道下久美子様

 

 

 

 

◇富山県母子寡婦福祉連合会 会長 竹内美和子様

 

 

 

 

■行政説明・・・厚生労働省こども家庭局家庭福祉課 成松英範課長

 

 

 

 

■研修討議・・・全国各6地区の会員さんが発表を行いました

 

 

 


各地区の発表内容
*東北・北海道地区・・・「教育費について」
*関東地区・・・「母子と寡婦 共にはぐくむ子どもの未来」
*九州地区・・・「私と母子会を繋ぐ『縁』」
*中部地区・・・「みんなの心がひとつに」
*近畿地区・・・「応援に感謝・努力は報われます」
*中国・四国地区・・・「母子会から繋がった就労」

■交流会・・・岡山特産のお料理、岡山県母子会有志によるサザエさんの出し物、うらじゃ振興会による演舞。最後は参加者の方々と「うらじゃ音頭」を踊りました。「楽しかった!」「美味しかったよ」「準備は大変だったでしょう、ありがとう」とたくさんの方に温かい声をかけていただきました。少しでも心に残る岡山の思い出になれば幸いです。

 

 

 

 


<第2日目>

オープニング・・・認定こども園白ゆり園児による和太鼓演奏。総勢46名のかわいい園児による息のあった力強い演奏。

 

 

 

 

■講演会・・・「私が歩んだ道~見えないから見えたもの~」竹内昌彦氏
全盲でいらっしゃる先生ご自身の体験談を軽妙な語り口でお話しくださいました。会場は時に泣き、時に笑い、あっという間の70分でした。参加者の方々から感動したとの多くの感想をいただきました。

 

 

 

 

■大会宣言・・・香川県母子寡婦福祉連合会 母子部長

 

 

 

 

■大会決議・・・岡山県母子寡婦福祉連合会 母子部長 尾仲美穂

 

 

 

 

大会決議
平成30年度全国母子寡婦福祉研修大会において、ひとり親家庭及び寡婦の福祉の向上を図るため次の事項を決議し、その実現を国及び関係機関に強く要望します。

1.子どもの貧困対策として、子どもの将来が生まれ育った環境に左右されることのないよう、進学を経済的に支援するための給付型奨学金制度を始めとする助成制度の更なる拡充を要望します。子ども食堂や学習支援の場づくり等子どもが安心して過ごせる居場所が地域に増えるための更なる助成を要望します。

1.ひとり親家庭が安心して子育てと就業の両立ができるよう、安定した居住の確保、保育所と放課後児童クラブの優先入所を確実なものにするなど、子育て支援及び就労できる環境づくりの充実を要望します。また、病児・病後児保育等の施策の充実も要望します。

1.平成253月に施行された「母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法」に基づき、雇用の拡大が図られるよう雇用率を制度化するなど、積極的に正規雇用施策が講じられるよう要望します。

1.児童扶養手当制度については、所得制限の収入認定額が緩和されるよう、また同居親族の所得要件の廃止等、今後も生活実態に合わせて見直されることを要望します。

1.養育費の確保が充分にできていない現状において、養育費の支払いの義務を法律によって強化するとともに、養育費を支払う側に養育費控除を新設するなど、養育費の支払い履行を確実なものとする制度づくりを要望します。

1.「ひとり親家庭及び寡婦の医療費助成制度」については、自己負担額や助成内容が居住地にかかわらず格差のないものとなるよう、国による新たな助成制度の創設を要望します。

1.所得税・地方税において、扶養親族のいない生別寡婦や未婚の母に対しても寡婦控除と同様の控除が適用されるよう要望します。

1.自動販売機の設置や売店の運営管理については、「母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法」に基づき、優先して母子・父子寡婦福祉団体に発注されるよう要望します。又事業主に対しても発注の働きかけをされるよう要望します。

平成301028

平成30年度全国母子寡婦福祉研修大会参加者一同

 

■閉会式・・・大会旗の伝達が行われました。来年度は川崎市の開催となります。


 

 

 

■フィナーレ・・・今日の日はさようならを歌って・・・来年もまた会いましょう

 

 

 


2日間の日程を無事終了することができました。厚生労働省、岡山県、岡山市、浅口市、備前市を始め、全母子協など多方面にわたり大変お世話になりました。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

岡山県総合社会福祉大会

平成30年10月11日(木) 岡山市民会館にて岡山県社会福祉大会が開催されました。
長年に渡り母子寡婦福祉の向上に貢献され、その功績により3名の方が岡山県母子寡婦福祉連合会理事長表彰を受けられました。

◇授賞式◇

<受賞者代表 岡山市 瀬尾みどり様>

 

 

 

 

<備前市 高橋令子様>   
       

 

 

 

<浅口市 水澤恭子様>

 

 

 

 

3名の受賞者の皆様、おめでとうございました。

◇大会宣言◇
岡山県母子寡婦福祉連合会 小林理事長

 

 

 

 

当日はあいにくの雨でしたが、会場準備、お手伝いのために朝早くからきてくださった役員の皆様ありがとうございました。受賞者の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

事務局

赤い羽根共同募金活動

日時:平成30年10月1日(月)

<オープニングセレモニー>岡山駅前にて。ももっち&うらっち、ミコロ&ハコロも応援にきました。

 

 

 

 

<募金活動>
 

 

 

 

 

ここのところ、毎年雨天でしたが今年は晴天でした。昨日の台風の名残か、風が強かったです。小さなお子様を連れたお母さん、おばあ様が募金をして下さいました。温かい心に本当に感謝です。忙しいところ足を止めて募金をして下さった皆さん、どうもありがとうございました。

事務局
 

子どもを健やかに生み育てるための環境づくり推進協議会

総会・記念講演に参加しました

日時:平成30年9月10日(月) 14:00~16:00
会場:ピュアリティまきび 「千鳥」

「岡山県子どもを健やかに生み育てるための環境づくり」・・・通称「子育て協」は子育て環境づくりの推進を図り、啓発活動の企画・実施を行う組織です。そして、その趣旨に賛同する約70の関連団体で構成されています。岡山県母子寡婦福祉連合会もその趣旨に賛同する構成団体の1つとなっています。

<事例発表> 社会福祉法人 白鳩福祉会 うらやす白鳩保育園 園長 山本真理子氏

<記念講演> 「世界一子どもが幸せな国」オランダから学ぶ「二人目の壁」の乗り越え方

講師:公益財団法人 1more Baby 応援団 専務理事 秋山 開氏

 

 

 

 

事務局 足羽

ひとり親家庭の支援制度の紹介と相談会

日 時:平成30年6月10日(日)
会 場:岡山ふれあいセンター
参加者:岡山市内在住のひとり親家庭の方

ひとり親家庭の支援制度の紹介と座談会で、いま直面している悩み事などについて自立支援員等と話し合い、今後につなげていけるよう話しました。

 

 

 

 

岡山市母子寡婦福祉連合会 那須俊子

ひとり親福祉協力員等研修会

岡山県から委託を受けて開催している研修会です。岡山県南地区を岡山会場で、県北地区を津山会場で行っています。県内のひとり親福祉協力員さんや母子・父子自立支援員さん、ひとり親自立支援員さんが会場に集まり母子寡婦福祉施策について勉強します。

<岡山会場>
日時:平成30
年5月27日(日) 13時~15時
場所:岡山県生涯学習センター 視聴覚室


◇行政説明 岡山県保健福祉部子ども家庭課 家庭支援班 総括参事 近藤宏明様

 

 

 

岡山県ひとり親家庭の最新の福祉施策についての説明を聴きました。近年問題になっている子どもの貧困についてのデータも交え、大変勉強になった行政説明でした。支援策については岡山県のHPにも掲載しております。

◇講 演 「楽しく学ぼう!アンガーマネジメント講座 ~イライラの連鎖から笑顔の連鎖へ~」
 講 師   フリーアナウンサー・アンガーマネジメントファシリテーター
      中村恵美

 

 

 

 


<津山会場>
日時:平成30年6月3日(日)13時~15時
場所:津山市総合福祉会館 中会議室

◇行政説明 岡山県保健福祉部子ども家庭課 家庭支援班 総括参事 近藤宏明様

 

 

 


◇講 演 「楽しく学ぼう!アンガーマネジメント講座 ~イライラの連鎖から笑顔の連鎖へ~」
 講 師   フリーアナウンサー・アンガーマネジメントファシリテーター
      中村恵美


 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔の素敵な中村恵美先生。とてもわかりやすい講演をありがとうございました!

最近のニュースを見ると、怒りに任せた行動が多いように感じます。車のあおり運転、政治家の発言、某大学運動部の広報担当・・・怒りをコントロールすればもう少し違う結果になっていたかもしれません。私たちが人と接するとき、相手に対してよい感情だけでなくイライラしたりムッとしたり、よくない感情を抱くこともあると思います。その感情をうまくコントロールして自分の許容範囲を広げる、そうすると怒りも少なくなります。「相手と過去は変えられない」「自分と未来は変えられる」そう教えていただき「なるほど・・・。」と思いました。
研修会では色々とトラブルも発生し、緊張と焦りでいっぱいになりましたが、中村先生の臨機応変な対応と笑顔に救われました。穏やかで明るくて笑顔の素敵な先生のお話はわかりやすくてとても勉強になりました!最後にはみんなで笑って講演は終了。笑顔と笑声(えごえ)でいっぱいの講演になりました。

事務局 足羽

親子ヨガ教室

☆日時:平成30年6月2日(土)10:30~
☆会場:岡山市立市民屋内プール(豊成温水プール)和室
☆講師:井上尚美先生

<海老のポーズ>
子どもたちはとっても体が柔軟でポーズも決まっています!お母さんたちも頑張ってます!

 

 

 


<三日月のポーズ>脇が伸びて気持ちいい!三日月をイメージして・・・

 

 

 

 


体をしっかり動かしたらアンガーマネジメントのワーク
親子でしっかり話し合い。怒りについて勉強です。

 

 

 

 

<みんなで昼食>おいしいお弁当を食べながら、おしゃべりタイム♪

 

 

 

 

毎年好評の親子ヨガ教室。今年は昨年度より10名も多い参加をいただきました。会場がちょっぴり狭くて申し訳なかったです。毎日子育てに仕事に一生懸命がんばっているお母さん方が少しでも気持ちの安らげる場になれば、また、子どもたちといっぱいふれあってもらいたいとの思いで企画している母子部イベント。「楽しかった」と言って下さった方、ありがとうございました!スタッフにも心温まる言葉をかけて下さった会員の方、ありがとうございました!
来年もまた親子ヨガ教室で会いましょう。初めての方も大歓迎です!お待ちしております。

事務局 足羽

自民党母子寡婦福祉対策議員連盟懇談会

日時:平成30年5月25日(金) 12:00から
会場:衆議院第2議員会館

自由民主党母子寡婦福祉対策議員連盟懇談会に参加しました。母子寡婦福祉対策に関する要望書について各省からの回答や厚労省による行政説明が行われました。母子家庭の就業状況は改善し年間収入はアップしているとは言われますが、まだまだ厳しいのが現状です。引き続きひとり親家庭の福祉施策の充実を行政に訴えていくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 


野田聖子総務大臣

岡山県共同募金配分交付式出席

日時:平成30年4月16日(月)13:30から

会場:きらめきプラザ301号会議室

岡山県共同募金配分交付式に参加しました。
96団体(社会福祉施設・福祉関係団体・社協・NPO法人など)に2億28万円がそれぞれ配分されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山県母子寡婦福祉連合会では岡山県共同募金会からの配分金により行っている事業があります。
皆さまからの募金をひとり親家庭及び寡婦の福祉の向上のための事業に使わせていただいております。
毎年10月1日には岡山駅周辺で街頭募金活動にも参加しています!ご協力をよろしくお願い致します。

事務局 足羽

 

いちご狩り(藤田地区)

日時:平成30年4月15日(日)
場所:サウスビレッジ


みずみずしい「かおりの」という品種のいちご。おいしそうです♪

 

 

 

 

たくさん採れました🍓

 

 

 

 

楽しい一日を過ごせました(o^―^o)

 

 

 

 

岡山市母子寡婦福祉連合会
池本由美子


  ご連絡・お問い合わせは・・・ 岡山県庁子ども家庭課内 岡山県母子寡婦福祉連合会 事務局まで 電話 086-226-7349