ひとり親家庭を応援します!

【男女共同参画推進月間】パネル展示中

11月は男女共同参画推進月間です。この期間中、男女共同参画推進センター(ウィズセンター)において岡山県母子寡婦福祉連合会を紹介するパネル展示を行っております。私たちの活動について、写真付きで紹介しています。どうぞお近くにお寄りの際はご覧になって下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

きらめきプラザ6階
男女共同参画推進センターについてはこちらをご覧下さい→ウィズセンター

令和元年度 全国母子寡婦福祉研修会(神奈川県川崎市)

開催日:令和元年10月26日(土)・27日(日)
会 場:カルッツかわさき(神奈川県川崎市)
全国の母子会から約800人、岡山県より5名参加しました。

<趣旨>
日本経済は長期にわたり「穏やかな回復が続いている」とされており、株価や都市部での不動産価格の上昇、好調な企業業績などに表れています。反面、景気回復に伴う実質国内総生産成長率は1.2%と低く、国民にとっては「生活が改善した実感がない」とも言われています。近年、ひとり親家庭に対する理解や支援が深まり、国のひとり親家庭支援施策の拡充・推進、民間団体による支援が広まってきています。しかしながら、ひとり親家庭、特に母子家庭の相対的貧困率は高止まりしており、また、労働市場では空前の人手不足といわれるものの、多くのひとり親家庭の母は非正規での就労を余儀なくされています。このような中、ひとり親家庭及び寡婦が、将来への夢と希望を持ち、自立・安心して生活できる環境を整備することが喫緊の課題となっています。そのため、ここに全国のひとり親家庭福祉の関係者が一堂に会し研修討議を行い、今後の活動方針と国及び関係機関に対する要望を決議し、ひとり親家庭及び寡婦の自立支援の更なる充実・強化を求めて、この大会を開催します。


第1日目 10月26日(土)

1 開会式    来賓の挨拶  

2 厚労省子ども家庭局家庭福祉課長 成松 英範氏による行政説明






 

文科省高等教育局主任大学改革官 鍋島 豊氏より新しい修学支援金制度についての説明

 

 

 

 


3 研修討議 全国6ブロックの代表がテーマに沿って体験発表

 

 

 

 

東北・北海道地区(山形県母子寡婦福祉連合会)「食べることは生きること~子ども食堂でのまなび」
関東地区(川崎市母子寡婦福祉協議会)「励ましの達人」
中部地区(石川県母子寡婦福祉連合会)「保育士にチャレンジ」
近畿地区(京都市母子寡婦福祉連合会)「多くのご縁に感謝して」
中国・四国地区(香川県母子寡婦福祉連合会)「母子家庭になって思うこと」
九州地区(福岡県母子寡婦福祉連合会)「娘たちの夢のために」

4 交流会 全国の会員さんとの交流会。岡山県は山梨県の方と一緒のテーブルでした!

 

 

 

 

                           


第2日目 10月27日(日)

1 オープニング 川崎市立御幸中学校演舞部による演舞 しなやかで力強い、息の合った演舞でした。






 

2 講演 湘南記念病院 乳がんセンター長 土井 卓子先生「乳がんなんてこわくない!~最新情報と向き合い方~」

 

 

 

 

3 閉会式 大会旗伝達 川崎市より全母子協へ。
 来年度は70周年記念大会。東京都で開催されます。皆さんまたお会いしましょう!

事務局                

岡山県総合社会福祉大会

日時:令和元年10月10日(木) 13:00~
場所:岡山市民会館
参加:社会福祉関係者 約1,500名

県内の社会福祉関係者が一堂に会し、長年社会福祉の向上に尽くされた方々に感謝の意を表することにより、社会福祉のより一層の発展に資することを目的に開催される大会です。岡山県母子寡婦福祉連合会からは3名が受賞されました。

<表彰式>
備前市 毛利 廣子様 おめでとうございます

 

 

 

 


岡山市 長尾 博子様 おめでとうございます

 

 

 



浅口市 秋田 美鈴様 おめでとうございます

 

 

 

 

母子寡婦福祉について長年貢献していただき、ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

<記念講演>
演題:「ガッテン流!生活常識、大逆転のススメ」
講師:北折 一氏(元NHK「ためしてガッテン」ディレクター)






 


事務局

ゆうあいセンター パネル展示中!

令和元年10月2日よりきらめきプラザ(北区南方2丁目13-1)2階ゆうあいセンターのオープンスペースに岡山県母子寡婦福祉連合会の紹介パネルを展示しています!
会の活動について写真をたっぷり使ってご紹介しています。たくさんの方にアピールできたらと思っていますので、お近くに行った際はぜひゆうあいセンターをのぞいてみてくださいね。

 

 

 

 

3月18日まで展示しています♪
ぜひご覧ください。
新入会員随時受付中

事務局

赤い羽根共同募金活動

日時:令和元年10月1日(火)
<オープニングセレモニー>岡山駅前にて。
岡山県知事をはじめ岡山市長など来賓の方々が出席されました。








募金箱を受け取ります。

 

 

 

 

<募金活動>街頭へ出て募金活動!
 

 

 

 


今日は夏のように暑い日でした。岡山県母子会より3名で募金活動にも参加しました。お忙しいところ足を止めて募金をして下さった方、どうもありがとうございました!

事務局
 

子どもを健やかに生み育てるための環境づくり推進協議会

総会・記念講演に岡山県母子会より4名が参加しました。

日時:令和元年9月27日(金) 14:00~16:00
会場:岡山国際交流センター 8階イベントホール


「岡山県子どもを健やかに生み育てるための環境づくり」とは子育て環境づくりの推進を図り、啓発活動の企画・実施を行う組織です。そして、その趣旨に賛同する約70の関連団体で構成されています。岡山県母子寡婦福祉連合会もその趣旨に賛同する構成団体の1つとなっています。


<事例発表> 株式会社Orb 代表取締役 河井七美氏
岡山県子育て応援宣言企業 県知事賞を受賞された会社の事例発表がありました。こちらの会社ではテレワークや分給出勤・退勤を取り入れることにより、子育てや地域行事参加しやすい職場となっているとのことでした。従業員が働きやすい会社というのは、離職率も下がり会社にとっても優良な人材と雇用の確保ができ、双方にとってよいことであると感じました。

<記念講演> 「今、子育てに必要なもの~孤育てから個育てへ~」
講師:佛教大学教育学部教授・岡山県立大学名誉教授 佐藤 和順(かずゆき)氏

昔は3世代同居が当たり前で、地域で子育てをする環境でした。しかし近年は核家族化や少子化、都市化により母親が孤立して子育てをする場合が多くなっています。このような孤立した子育てを解決するために、父親や祖父母の育児参加や母親が趣味や子育てのネットワークを自ら構築していくことが大切であるというお話を聴きました。子どもは社会の宝です。個性を大切にし、子どもがのびのびと成長していくために、私たち親もいろんな問題をとらえ、孤立することがないよう相談したり助けてもらったりして子育てをしていきたいものです。

事務局

2019年度中国・四国地区母子寡婦福祉研修大会

日時:2019年9月14日(土)〜15日(日)

会場:サンポートホール高松(香川県 高松市)

岡山県より20名の会員が研修会に参加しました。


<第1日目>
1.開会式  香川県知事、高松市長などたくさんの来賓の方が来られました

 

 

 

 


2.行政説明「ひとり親家庭の支援について」
厚生労働省 子ども家庭局家庭福祉課 母子家庭等自立支援室室長補佐 川岸直樹氏 

 

 

 

 

3.研修討議 中四国地区母子会代表の4名が発表しました

 

 

 


徳島県 「私の体験から」
山口県 「お母さんも一緒に頑張るね」
広島市 「広島市豪雨土砂災害での被災から母子での生活再建」
香川県 「母子家庭になって思うこと」


<第2日目>

1.アトラクション 直島女文楽は県有形無形民俗文化財に指定されており、すばらしい伝統芸能を見せていただきました。
「音冴春臼月 団子売」

 

 

 


「伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段 お七」

 

 

 

 

2.特別講演 「お薬の正しい使い方」 JCHOりつりん病院 薬剤部長 阿部武由氏

 

 

 

 

3.閉会式
 大会宣言


 

 

 

 大会決議








 時期開催 広島県ひとり親家庭福祉連合会

 

 

 


 フィナーレ








中国四国地区の母子寡婦福祉関係者が一堂に会した研修会が終わりました。研修討議での発表を聴き「母は強し」と改めて感じました。ひとり親家庭の父や母が安心して子育てと就業の両立ができるよう、また子どもたちが生まれ育った環境に左右されることなく進学や経済的支援の助成があるよう願わずにはいられません。
事務局

親子日帰り蒜山高原BBQバス旅行(岡山市)

令和元年8月4日(日)、蒜山高原に向けて出発!🚌 🚌 🚌


 


 

思っていたより木陰で涼しくバーベキュー!お肉も美味しくお腹もいっぱい。



 

 

ひるぜん塩釜冷泉キャンピングヴィレッジは岡山県真庭市にある大山隠岐国立公園の中に位置し、日本の名水100選『塩釜冷泉』が敷地内に湧き出る、豊かな自然に恵まれたところです。







キャンプ場はちゃんと整備されていて散策も楽しめます。







塩釜の冷泉で作ったカキ氷屋さん!でも時間がなくて食べられなかった…次は食べてみたいな。







バーベキューの後は、ドライアイスを使った科学実験教室!







ペットボトルに入れたドライアイスで水でっぽうや即席シャーベットを作ったよ。シャーベットは暑かったから、とても美味しかった!
シャボン玉や水でっぽうでたくさん遊んで大満足。







美味しいお肉に楽しい遊びで、たくさん笑ってたくさん遊んだ旅行になりました。たまたま小学校が同じお友だち家族が同じテーブルについてびっくり!楽しい会話の花が咲きました🌸
暑い中でしたが、日常を離れて親子とも楽しいバス旅行になりました。

岡山市母子寡婦福祉連合会
母子部長 景山 敦子

バーベキュー交流会in長船美しい森

日にち:令和元年7月14日(日)
会 場:長船美しい森







自然豊かな長船美しい森。今年もやってきました!







「野菜切りますね!」「テーブルに運びます!」お母さんも子どもたちもてきぱきとお手伝いしてくださいます。







さあ!じゃんじゃん焼いて食べよう!







お腹いっぱいのあとは思いっきり遊ぼう!虫をつかまえたり、バドミントンをしたり、思い思いに遊びます。








恒例のすいか割り。上手に割れました♪
甘くて美味しい~🍉
今回で第11回目となるバーベキュー交流会。
総勢62名の方々に参加していただきました。
前日まで雨で心配しましたが、何とか無事開催することができました。
小雨も時々降りましたが、子どもたちにとっては全然問題なし!
楽しいひとときを過ごすことができました。
事務局

2019年度岡山県母子寡婦福祉研修会 開催

◆日時:2019年7月7日(日)
◆場所:きらめきプラザ3階 301号会議室
◆趣旨:一般財団法人岡山県母子寡婦福祉連合会の県下地域の会員が一堂に会し、社会情勢の変化に伴う今度の母子寡婦福祉のあり方、団体に課せられた責務などについて研修し、更なる向上と次世代を担う子どもの健全育成について施策・支援を具体的に展開、且つ行動することを目的に開催する。
◆後援:社会福祉法人岡山県共同募金会・公益財団法人岡山県愛染会
◆協賛:セルフ株式会社・株式会社堀内八郎兵衛


<開会式>
たくさんの来賓の方がお越し下さり、祝辞を賜りました。
岡山県議会 蓮岡靖之議長






 

<行政説明>
岡山県保健福祉部子ども家庭課 村上恵子総括参事による行政説明では、ひとり親福祉施策について大変わかりやすく説明していただきました。日々新しい情報を収集し、勉強していかなければなりません。

 

 

 

 

<全国母子部研修会 報告>
母子会には母子部というものがあります。20歳までの子どものいる母親の会です。昨年度、岡山県の尾仲母子部長が全国母子部研修会で中国・四国地区の取組みについて代表発表しました。そのときの報告を皆さんに聞いていただきました。母子部がどんな活動を行っているのか、どんな課題に直面しているのかなど、詳しい報告がありました。







<講演>
講師:岡山県消費生活センター 消費生活相談員 佐藤素子先生
演題:「特殊詐欺から身を守る-消費者トラブルの身近な事例から-」

 

 

 


本当にあった事例を織り交ぜながら講演していただきました。「自分は絶対にだまされない」と思っていても、巧みな方法で誰でも簡単に騙されてしまう事例が多いようです。今一度、よく注意して消費者トラブルに巻き込まれることのないようにしたいものです。


2020年度より高等教育無償化の取組みが始まります。これにより、非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生の授業料の免除や給付型奨学金が支給されます。ひとり親家庭をとりまく環境は様々な困難もありますが、母子寡婦福祉について日々勉強し、新しい情報を入手していかなければなりません。年に一度のこの研修会は、最新の情報を知るよい機会となっています。
さて、県大会につきまして、前日準備から当日準備をしてくださった岡山市・浅口市・備前市スタッフの皆さん、ジーエムワークス木村様、ありがとうございました。当日、参加下さいましたご来賓の方々、自立支援員の皆さま、会員の皆さま、ありがとうございました。

事務局


  ご連絡・お問い合わせは・・・ 岡山県庁子ども家庭課内 岡山県母子寡婦福祉連合会 事務局まで 電話 086-226-7349