ひとり親家庭を応援します!

【重要なお知らせ】ローソン奨学生募集について

名  称 「夢を応援基金『ひとり親家庭支援奨学金制度』
募集人員 全国400名 岡山県6名※継続の申請者を含む
奨 学 金 月額3万円(給付型・返還不要・他の奨学金と併用可※)
※奨学金の対象期間は4/1から3/31までの1年間。次年度の継続申請は可能。
対象学年 中学3年生、高等学校1~3年生、高等専門学校1~3年生
応募資格

下記の1~4の条件に全て該当すること
 ◯ひとり親世帯(母子家庭等)であり就学に関して経済的に困難な生徒
 ◯夢を実現するための意欲があり、社会貢献への積極的な姿勢のある品行方正な生徒
 ◯全母子協の加盟団体の会員、及び入会を希望する方の子ども
 ◯全母子協加盟団体代表者等の推薦を受けられる就学中の生徒
※ただし以下の場合は申請(応募)の対象外です
 ✖世帯1人当りの収入平均額が90万円以上の場合
 (算出方法は「申請書の記入要領」を参照)
 ✖2018年度の学校出席率が80%未満の場合
 (ケガ、病気など正当な理由がある場合を除く)
 ✖兄弟姉妹による複数の申請があった場合年少者(1世帯1名の申請)

必要書類

応募用紙は全母子協HPから→各種書類 2019年度のものを使用してください。
・申請書
・個人調査書(高校1年生のみ在学証明書も必要です)
・収入に関する証明書
・その他の証明書類
※提出書類について記載内容が事実と異なる場合は、採用を取り消す場合があります。

応募締切 2019年4月 26日(金 )必着 簡易書留で郵送してください

<他の奨学金を受給されている方について>
※ローソン奨学金は併用可能ですが現在受給されている団体に違反や取消にならないかどうかを必ず確認してください。

<お問い合わせについて>

※まずは応募案内をよくご覧になってください。
※お問合せについては原則メールでお願いします

✉ info@okayama-boshikai.net

<岡山県母子寡婦福祉連合会 事務局>
 月~金 9:30~16:00
 水、土、日、祝日はお休みです

【お知らせ】子どものための災害見舞金支給

平成30年7月豪雨以降の岡山県の区域内で発生した自然災害により被災されたお子様のおられるご家庭に対して、子どものための災害見舞金が支給されます。

◇支給対象
平成30年7月豪雨災害以降の岡山県区域内で発生した自然災害により、現に自己の生活の本拠として住居の用に供している建物が、全壊、大規模半壊、半壊、床上浸水のいずれかの被害を受けた子どものいる世帯。
※子どもとは・・・被災日を基準として、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるお子様。
※平成30年7月豪雨の場合、平成12年4月2日から被災日までの間に生まれたお子様。

◇支給額
お子様一人あたり2万円

◇申請方法
申請書に必要書類を添えて郵送にて申請してください。
申請書は市町村役場の窓口や県民局福祉振興課等で配布します。
こちらからもダウンロードできます→子ども災害見舞金

◇締切
平成31年(2019年)10月31日(木)

◇問合せ先
〒703-8278 岡山市中区古京町1-7-36 岡山県保健福祉部子ども家庭課 
「子ども災害見舞金」係
Tel:086-226-7874または 086-226-7875
Fax:086-226-7879
(8時30分~17時 年末年始・土日祝日を除く)

2019年度年間行事予定

2019年度の行事予定をお知らせします。申込みが必要な行事については「イベント情報」のページにで随時掲載します。

行事名 開催日 会場

ひとり親福祉協力員等研修会

  6月2日(日)  
岡山県母子部交流会 親子ヨガ教室 6月1日(土) 豊成温水プール 和室2
バーベキュー
交流会
7月14日(日) 長船美しい森
岡山県母子寡婦福祉研修会 7月7日(日) きらめきプラザ
中国・四国地区母子寡婦福祉研修大会
(高松市)
9月14日(土) サンポートホール高松
9月15日(日)
岡山県総合福祉大会 10月10日(木) 岡山市民会館
全国母子寡婦福祉研修大会(川崎市) 10月26日(土) カルッツ川崎
10月27日(日)
パソコン初級講座(託児付)
※岡山市委託事業
11月~12月 岡山県生涯学習センター
パソコン教室2

母子寡婦福祉手帳販売

母子寡婦福祉手帳を1冊500円で販売!
 

ひとり親家庭・寡婦に役立つ情報満載!
ひとり親家庭や寡婦の方のための様々な施策、取り組み、各種制度や手当等、最新の情報、ひとり親家庭のための法律「母子及び父子並びに寡婦福祉法」全文を掲載しています。郵便料金表等、暮らしに役立つ情報も付いています。どなたでもご購入いただけます。
 昭和30年より毎年多くの皆様に愛用されている「母子寡婦福祉手帳」を是非ご購入、ご活用ください。

※数に限りがあります。
※お問合せは 岡山県母子寡婦福祉連合会事務局086-226-7349まで
 

岡山県母子寡婦福祉連合会 会員の皆さまへ

岡山県下における7月6日からの豪雨では、最大級の警戒にもかかわらず甚大な被害が出ました。特に倉敷市真備町での被害は、未だに全容がつかめないほどの大きなものとなっています。被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

会員さんの中で被災された方はおられませんか?
お見舞いを申し上げるとともに、何か困ったことはありませんか?
ご一報をください。
また何かお手伝い等ができることがあったらお知らせください。

 

ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付のご案内

この貸付事業は、高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し、就職に有利な資格の取得を目指すひとり親家庭の親に対し高等職業訓練促進資金を貸し付け、修学を容易にすることにより、資格取得を促進し、ひとり親家庭の自立の促進を図ることを目的としています。

養成機関を修了し、かつ、資格取得した日から1年以内に岡山県内において就職し、取得した資格が必要な業務に従事し5年間引き続き業務に従事した場合には、申請によって返済が免除されます。

詳しい内容・申請についてはこちらをご覧ください→貸付事業

<お問合せ先・申請先>
社会福祉法人 岡山県社会福祉協議会 地域福祉部 生活福祉資金班
〒700-0807 岡山市北区南方2-13-1 きらめきプラザ内
℡)086-226-3544  URL)http://www.fukushiokayama.or.jp/

家庭裁判所等同行支援事業実施について

岡山県の委託を受けて、養育費確保支援事業として家庭裁判所等同行支援事業を平成29年度8月より実施しています。申し立ての手続きにお近くの家庭裁判所へ行ってみませんか?

<事業の目的>
ひとり親家庭の親等が養育費の取り決め等のため家庭裁判所等へ訪れる際に、安心して手続きに臨めるよう支援することを目的としています。

<申込方法>
以下の9町の窓口に置いてある申込書に記入し、窓口を通じてお申し込み下さい。
和気町、早島町、里庄町、矢掛町、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、吉備中央町の9町にお住まいの方が対象です。

<申込の流れ>
①町役場窓口で申込書に記入
②町役場より岡山県母子会事務局に連絡
③岡山県母子会事務局で申込人と同行支援者の日程を調整

<注意点>
★同行は無料ですが、調停等に係る費用(印紙・切手代等)はご自身で負担下さい。
★同行支援者は法律的な助言はできません。
和気町、早島町、里庄町、矢掛町、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、吉備中央町の9町にお住まいの方が対象です。

***********************************************
司法機関になじみのない方にとって、家庭裁判所へ訪れることは心細いことだと思います。私たちが付き添うことで少しでもその不安を取り除き、養育費確保の手続きが行えるよう精一杯お手伝いをしたいと考えています。
***********************************************


  ご連絡・お問い合わせは・・・ 岡山県庁子ども家庭課内 岡山県母子寡婦福祉連合会 事務局まで 電話 086-226-7349