ひとり親家庭を応援します!

ひとり親福祉協力員等研修会(浅口市)

日 時:令和元年6月2日(日) 13:00~15:00
会 場:浅口市健康福祉センター 2階研修室

今回は昨年度の全国母子寡婦福祉研修大会の研修討議を再演する形で行いました。全国母子寡婦福祉研修大会に参加されなかった方、またスタッフとして参加していたため研修討議をじっくりと聞くことができなかった方など、全国6地区代表者のテーマ別の発表を聞いていただきました。ご来賓として、浅口市議会議員石井由紀子様、浅口市社会福祉課長富田直弘様、浅口市民生委員吉川千恵様にお越しいただきました。会場準備につきまして、浅口市森谷自立支援員様をはじめ、浅口市母子父子寡婦会会員の皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。

 

 

 


<母子に関するテーマ>
正規雇用で安定就労
★近畿地区…「応援に感謝・努力は報われます」
★中国・四国地区…「母子会から繋がった就労」
高等職業訓練給付金制度を利用し、看護師免許を取得しキャリアアップされたお話がありました。高等職業訓練給付金制度については月10万円の補助があります。ぜひ活用してもらいたい制度です。制度についてはこちらをご覧ください。→高等職業訓練

<母子・寡婦に共通するテーマ>
母子と寡婦 共にはぐくむ子どもの未来
★関東地区…「母子と寡婦 共にはぐくむ子どもの未来」
★中部地区…「みんなの心がひとつに」

<ひとり親家庭の子供に関するテーマ>
すべての子どもに安心と希望を!
★東北・北海道地区…「教育費について」
★九州地区…「私と母子会を繋ぐ『縁』」
高等教育の無償化、奨学金は借金になるなど切実で具体的なお話がありました。高等教育無償化については、文科省より通達があり2020年度から非課税世帯は国立大学の授業料が全額免除となります。金銭的なことで、子どもが大学進学を諦めるようなことがないよう、ぜひ情報を入手して制度を活用できるようにしていかなくてはなりません。こちらもご参照ください。→高等教育無償化


「ひとり親福祉協力員」を皆さんご存知ですか?ひとり親福祉協力員はひとり親家庭の生活全般にわたる相談などに応じたり、助言を行ったりする相談員で、母子会会員が市町村より委嘱を受けて行っているものです。浅口市、津山市などで相談員として活動しています。残念ながらひとり親福祉協力員のいない地域は最寄りの福祉事務所の母子父子自立支援員、ひとり親自立支援員にご相談ください。またこの研修会は岡山県からの委託事業として岡山県母子寡婦福祉連合会が行っている事業です。
事務局

 


  ご連絡・お問い合わせは・・・ 岡山県庁子ども家庭課内 岡山県母子寡婦福祉連合会 事務局まで 電話 086-226-7349